シグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSW

最大解析帯域幅をクラス最高の320 MHz に拡張

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:笠井伸啓)は、2013年7月5日から、シグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSWシリーズの320 MHz解析帯域幅オプションの販売を開始します。

 R&S FSWは、他の追随を許さないハイエンド・アナライザとして高く評価されています。これまでにない広帯域の解析オプションが加わったことにより、レーダーや広帯域通信の信号解析が大きく前進します。


 320 MHzの解析帯域幅により10 ns以下の短いパルス信号でもスペクトラム・アナライザで評価できるようになります。また、例えば250 MHzの変調帯域幅を持ったマイクロ波通信信号の変調解析にも対応できます。従来このような広帯域信号はダウンコンバータとオシロスコープを組み合わせて評価することが一般的でしたが、測定系のセットアップが複雑で、しかも、十分なダイナミックレンジが得られないなどの問題がありました。R&S FSWに320 MHz帯域幅オプションが加わったことにより、シンプルで正確な広帯域信号評価が可能になります。

製品詳細はこちら

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、エレクトロニクス分野に特化し、電子計測、放送、無線モニタリング、セキュアな無線通信において世をリードしています。80年前に設立され、世界70カ国以上に拠点を持ち、約8700人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2011/2012)は、18億ユーロに上ります。