ハイエンド・ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMW200A
40 GHzモデル販売開始

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Klaas Hoekstein)は、2015年3 月2日から、ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMW200Aシリーズの31.8 GHzと40 GHzモデルの販売を開始いたします。

 R&S SMW200Aは2013年5月の発売以来、高いアナログ性能による業界最高レベルの測定パフォーマンスと、使い易さを追求したタッチパネルの直感的なGUIで研究開発の方々に高く評価されています。市場からのさらに高い要求に応えるため、対応周波数範囲を最高40 GHzまで拡張いたしました。これにより40 GHzに対応するベクトル・シグナル・ジェネレータにAWGN(白色雑音)やフェージング・シミュレーションを1ボックスで提供できる唯一(※1)のソリューションとなりました。今までの無線通信だけではなく、航空宇宙/防衛産業の分野、さらには次世代携帯通信5Gなど、さまざまなアプリケーションへと対応範囲が広がります。R&S SMW200Aの各ポートの出力周波数が3 GHz、6 GHz、12.75 GHz、20 GHz、31.8 GHz、40 GHzから選択でき、目的に応じた柔軟な構成をコンパクトに提供することが可能です。


MIMO/フェージング/ビーム・フォーミング/位相コヒーレンス信号を1ボックス感覚で
R&S SMW200Aは8つのベースバンド・ジェネレータを内蔵し、160 MHzという広い変調帯域幅で、0.05 dBという極めて優れた変調品質を実現しています。周波数が拡張されたことにより、広帯域のベクトル変調信号の出力が40 GHzまで可能となりました。複数台のベースバンド信号源とアップコンバータを必要とした測定系もシンプルに構成することができるため、R&S SMW200A から複数の信号源をあたかも1台の信号源のように操作できるようになります。フェージング・シミュレータやAWGN(白色雑音)、ARB(任意波形)生成を内蔵可能なため、実試験環境を実験室に持ちこむことが出来ます。シグナル・ジェネレータ外部にフェージング・シミュレータや位相調整器は必要ありません。全ての操作をR&S SMW200Aの画面上で操作することが出来るため、1ボックス感覚での使用が可能です。

※1当社調べ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9800人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2013/2014)は、約18億ユーロに上ります。