外部電源不要、電流プローブR&S RT-ZC20B販売開始

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Klaas Hoekstein) は、2015 年 3 月11 日から、オシロスコープ用の新しい電流プローブR&S RT-ZC20Bの販売を開始します。



 最新の電流プローブR&S RT-ZC20Bは、ローデ・シュワルツのオシロスコープR&S RTO、R&S RTE、R&S RTM のそれぞれに対応しています。外部電源の要らない電流プローブで、オシロスコープのプローブ・インタ フェースから電源を供給します。最大4つのチャネル同時に使用すること出来ます。 自動ゼロ補正や自動垂直軸スケーリング機能もつき、消磁もオシロスコープから実行できます。測定帯域はDC から100 MHzをカバーし、最大入力電流はRMS値で30 A、ピーク値で50 Aまで測定可能です。 さらに、低ノイズで、電流変換比は0.1 V/Aを実現しています。昨年リリースのR&S RTOまたはR&S RTEの16 ビット高分解能(HD)モードのオプションと併用すれば、これまで見ることのできなかった1 mA以下の微小な 電流波形も観測することができます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9800人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2013/2014)は、約18億ユーロに上ります。