85 GHzまでの各種信号解析に最適なシグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSW85の販売を開始

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Klaas Hoekstein) は、2015 年 7 月15 日から、グナル・スペクトラム・アナライザR&S FSW85の発売を開始いたします。 R&S FSW85は、同軸入力で最高周波数85 GHzをカバーするR&S FSWの最上位モデルです。 研究開発のアプリケーションに必要な要求を満たす理想的なソリューションです。R&S FSW85は操作性に優れ、 車載レーダー、5G、無線通信規格、そして航空宇宙/防衛分野で求められる複雑な測定の簡易化を可能にします。



基本性能

最上位モデルであるシグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSW85は、1回の掃引で2 Hzから85 GHzまでカバー できる業界で唯一の測定器です。これにより、ユーザはベースバンドおよびRFのテストを1台のアナライザで実施 することができるようになります。外部にハーモニック・ミキサを必要としないため、テストセットアップの簡素 化を実現させます。さらに、内部に搭載されたプリセレクションにより、ハーモニック・ミキサ使用時に生じる イメージ周波数や他のスプリアス放射を抑制させます。


拡張機能

R&S FSW85は、オプションとして500 MHz解析帯域幅を内部に搭載可能です。このオプションを搭載することにより、 特に車載レーダーや航空宇宙/防衛のためのレーダー・コンポーネント開発者の求める様々な解析を提供することが できます。さらに、R&S FSW-B2000オプションとオシロスコープR&S RTOを組み合わせることで、2 GHzの解析帯域幅 を実現できます。5G次世代移動通信信号のための広帯域信号やレーダーシステムのための複雑なパルス・パラメータ およびチャープ信号の解析を可能にします。


操作性

R&S FSW85は、クリアなダイアグラム、フラットなメニュー構造、そしてタッチスクリーンによるオペレーションにより、 操作性に大変優れ、各種設定を視覚的に確認しながら確実に行なうことができます。また、測定結果を見やすくするために、 31 cmのスクリーン上に測定結果を同時に別ウィンドウで表示させることができます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、約9800人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2013/2014)は、約18億ユーロに上ります。