R&S VENICE4Kが株式会社フジテレビジョン制作
4Kバラエティ番組収録に使用

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役:Klaas Hoekstein)は、 2015年11月17日、日本を代表する放送局である株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区台場 
代表取締役社長 亀山千広 以下、フジテレビ)が新たな試みとして行った4Kバラエティ番組の制作に、 「R&S VENICE4K」がスタジオ収録用ビデオサーバとして使用されたことを発表いたします。


 R&S VENICE4Kは4K60Pまでの幅広いフォーマットに対応したインジェスト&プロダクションサーバです。 4K解像度においてもベースバンド信号をリアルタイムにXAVCやProResにファイル化できる他、送出、別フォーマットへのトランスコードも行うことが出来ます。

 今回、2.5時間に及ぶ収録におけるメインの収録サーバーとしてR&S VENICE4K が使用されました。 R&S VENICE4Kは4本の3G-SDI信号から中間ファイルの生成無しに4K XAVC 600Mbpsコーデックで4Kファイルを内蔵ディスクに生成しながら、 同時にHD解像度のプロキシファイルを外付けUSBドライブに生成しました。
フジテレビ 総合技術局制作技術センター映像部 部長職の岡澤聡氏は「R&S VENICE4Kでは 4K収録と同時にHDファイルもリアルタイムに生成されるので、ポストプロダクション作業にも早く取りかかることができるため、大幅な時間短縮を実現できる。 また、ファイルサイズに重点を置くならXAVCだが、画質を重視する場合はProResで作業する必要も出てくるため、R&S VENICE4Kが4K収録コーデックとして XAVCとProResの両方をサポートしているのは大きな魅力である。」とコメントしています。

 フジテレビは国内で早い時期からファイルベースワークフロー化に取り組んでおり、日本における革新的な放送局として知られています。 今後より優れたコンテンツを視聴者に届けるにあたり、4Kに加え、よりダイナミックレンジの広い映像(HDR)が大きな役割を果たすと考えられています。
フジテレビ 総合技術局IT技術センターデジタル技術推進部 部長職の武田篤氏は「規格は4K、HDRに向けて動いている。4K HDRコンテンツは視聴者にとって 新しい驚きの映像体験をもたらす可能性がある。そのために今後も新しい技術を取り入れ、魅力的なコンテンツを作ることに挑戦していきたい」とコメントしています。

今回収録を行った4Kコンテンツは今後編集作業を経て次世代放送推進フォーラムによる4K試験放送「Channel4K」にて2016年1月に放送予定です。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、 無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、 約9800人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2013/2014)は、約18億ユーロに上ります。