コンパクト・サイズでリアルタイムフェージングを持つ
高次のMIMOシナリオの生成を可能に

 ローデ•シュワルツ•ジャパン株式会社(本社:東京都 新宿区 代表取締役:Jacques Jourda)は、2016年3月2日、複雑なMIMOシナリオを必要とする基地局やモバイルデバイスの開発向けオプションの販売を開始しいたします。本オプションを搭載することにより、4×8、8×4、2×4×4 MIMOのシナリオ生成が可能になります。また、これらMIMOシナリオに対して、リアルタイムでフェージングをかけたシナリオの生成も可能にします。


高次MIMOシナリオ生成

R&S® SMW-K75オプション搭載することで、ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S® SMW200Aは、4×8、8×4 MIMOの複雑なシナリオや4×4 MIMOシナリオを2つまで生成可能になります。MIMO伝送は、LTE、LTE-Advanced、WLAN (802.11n、802.11ac)などのデジタル通信規格で用いられている伝送技術です。この技術は、5Gにおいても重要な役割を担っており、5Gに関連する基地局やモバイルデバイスの研究開発用途として最適なソリューションです。

RF信号生成

2つのRFチャネルを持つR&S® SMW200Aは、テスト信号(例えば、LTEまたはWLAN)とリアルタイムでフェージングをかけたチャネル・シミュレーションの両方を生成できます。高次のMIMO信号生成のセットアップに必要なRFチャネルは、超小型ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S® SGT100Aを用いることで簡単に追加できます。1台のR&S® SMW200と6台のR&S® SMW100Aにより2×4×4 MIMOなどの信号出力が可能です。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、 無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、 約9900人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2014/2015)は、約18.3億ユーロに上ります。