ローデ・シュワルツ
ベライゾン 5G オープントライアル仕様の
信号生成/解析に対応

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 (本社:東京都 新宿 代表取締役:Jacques Jourda)は2016年9月21日に、 ローデ・シュワルツ本社がベライゾン・オープントライアル仕様内で要求しているスペックに基づく5G信号生成/解析に対応したことを発表しました。 ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMW200Aおよびシグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSWを使用することで、 ベライゾン社による5G仕様に対して1 %以下でEVM測定が可能であることを示しました。


2016年7月、米国の大手ネットワーク・オペレータであるベライゾン・ワイヤレスは、インフラ、チップセットおよび 端末メーカーがサポートするべき5Gの物理層に対する技術仕様を発表しました。発表された仕様は、LTEをベースとして5Gに向けて改善をおこなったもので、 連邦通信委員会 (FCC)によって5G無線通信用途として割り当てられた28 GHz, 39 GHzに適用されます。 これらの信号は、75 kHzのサブキャリア・スペーシングのマルチキャリアOFDM信号を用い、1コンポーネント・キャリアに対して100 MHzの帯域幅が定義されています。 また、最大で8キャリアをアグリゲーションすることも可能であり、通信方式としてはTDDが採用されています。


ローデ・シュワルツが提供する信号生成/解析ソリューションは、ベライゾン5G信号の仕様に基づく基本的な特性をサポートできるようになりました。


信号生成
ベクトル・シグナル・ジェネレータR&S SMW200AとR&S SMW-K114 (5G Waveform Candidate)オプションを使用することで、 ベライゾン社により要求されている75 kHzサブキャリア・スペーシングおよび100 MHz帯域幅のOFDM信号を容易に設定可能です。 また、ベライゾン5G技術フォーラムで示される特性を持つ5G信号の生成も、プリアンブルとユーザデータの設定により可能です。 リファレンス・シンボルの設定、さらに、QPSK、16QAM、64QAMのようなデータ変調だけでなく256QAMのようなより高次のデータ変調信号の生成も可能です。


信号解析
シグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSWおよびR&S FS-K96 (汎用OFDM信号解析) オプションは、ベライゾン5G信号のパラメータを反映した設定ファイルを読み込ませることで、その信号解析を可能にします。


新たに開発が必要となるセンチ波帯に対応したパワー・アンプのようなDUTの評価の際には、計測器自体が測定結果に影響を与えてしまうことがあります。 この問題に関し、ローデ・シュワルツ製 R&S SMW200AおよびR&S FSWは極めて優れた性能を示しました。 これら測定機器は、28 GHzを用いた5G信号の測定において、10 dBの広範囲なパワー掃引時も、常に1 %以下のEVMを確保することができ、 これら測定機器がDUTのEVM測定結果に影響を与えないことが示されました。


これらは、LTE-AdvancedおよびLTE-Advanced Proにおける測定ソリューションのリーディング・カンパニーであるローデ・シュワルツが、5Gテスト機能の継続的なサポートを約束することを示しています。
詳細な情報は、http://www.rohde-schwarz.co.jp/technologies/5g/5g-overview.htmlを参照ください。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ローデ・シュワルツについて

Rohde & Schwarzグループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、無線通信の分野に特化し、電子計測、放送、セキュリティ通信、 無線モニタリング、サイバーセキュリティにおいて世界をリードしています。設立から81年、世界70カ国以上に拠点を持ち、 約9900人の従業員を擁しています。グループの年商(会計年度2014/2015)は、約18.3億ユーロに上ります。